FC2ブログ

湘南日記

04月 « 2020年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

DAYS1012 富士山を撮る外国人

2015年 02月02日 21:27 (月)

Feb.2,2015

DSC_9034_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF11-18mm f4.5-5.6G Di Ⅱ LD Aspherical

そのまんまなタイトルやんけ・・・



DSC_8984_edited-1-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

さて、昨日の記事のライトアップまでの模様を・・・

天気予報通り、午後が遅くなるにつれ風が強まってくる。

DSC_9002_edited-1-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

完全に日陰になっていて寒い参道を一気に抜け・・・

DSC_8998_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

一気に抜け・・・と言いつつも、撮ることは撮ってます。

DSC_9003_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

懐かしー。

でも高ーい。

DSC_9016_edited-1-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

今回は安直にエスカーで上まで登ってサムエルコッキング苑。

この季節は”ウインターチューリップ”ということで、2万本のチューリップが開花しているとのことだが殆どが陰になっていたのでどうにも撮る気が起こらない・・・ちなみに、マクロを手に入れてから約1ヶ月、初めての花撮り。

DSC_9024_edited-1-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF90mm f2.8 Di MACRO 1:1

チューリップがハズレだったので、日没までは随分時間がある・・・

余り早くシーキャンドルに登ってしまうと、煙草は吸えないはトイレは無いはで大変なのでそれなりに時間を潰さなければならない。

何度も訪れているシーキャンドルだが、1階に「郷土資料室」などというものがあることを初めて発見したのでしばしお勉強(?)。

DSC_9045_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF11-18mm f4.5-5.6G Di Ⅱ LD Aspherical

何だかんだで良い時間になってきたので上へと登る。

思ったより人が少ないなと思ったがそれも当然で、屋上展望台は北風が吹きすさび寒いことこの上ない。

堪え難きを耐え忍び難きを忍び、何とか日没を見届ける。

DSC_9065_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF11-18mm f4.5-5.6G Di Ⅱ LD Aspherical

ライトアップを撮る以上はもう少し暗くなるまで待たなければならないので、慌てて降りて寒い中で待つよりはキャンドル内にいた方が良いとまたまた時間潰し。

ホントは雲一つ無い冬の空のマジックアワーを狙ってたんですが、本日は不発ですな。


DSC_9060_edited-1.jpg
Nikon D7000/TAMRON AF11-18mm f4.5-5.6G Di Ⅱ LD Aspherical

さて、大分暗くなってきたので準備にかかりましょう。

→DAYS1011
スポンサーサイト