湘南日記

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

DAYS1753 リトルモンスター降臨・その1

2017年 02月19日 21:00 (日)

Feb.19,2017

SDIM1955-Edit.jpg

その登場以来、デジカメは日進月歩で進化を続けております。

例えその違いが僅かなものであれ新機種は前機種に比べて何らかの進歩があるわけで、わざわざ現行モデルから生産中止になった旧機種に買い換えることは普通しないと思います。


SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 50-100mm F1.8 DC OS HSM Art



SDIM1946-Edit.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 50-100mm F1.8 DC OS HSM Art

しかし、そんなことをする人がここにいるのですよ。

ヤフオクにて、4万円で落札しました。

SDIM1962-Edit.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 50-100mm F1.8 DC OS HSM Art

この小さなボディ(121.5mm(幅)×66.7mm(高さ)×59.2mm(奥行))に、SD1 Merrillと同じ4.600万画素のフォビオンセンサー、そのセンサーに合わせて開発されたレンズは1台1台アライメント調整が施されて取り付けられているという、どんなものが撮れるのかと期待が高まる1台です。

期待が高まると同時に、”dp2 Quattro"に比べどの部分が劣るだろうという不安も大きい1台となります・・・

DP2M-0018.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

さて、こやつはどんな画を見せてくれるのでしょう?

DP2M-0024.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

届いたのが15時を過ぎていましたので、最低限の操作だけ確認して出かけたんですが陽は大分傾いています。

WBはオートです。

夕陽の光にかなりまどわされているようで、緑がかかりますねー

ま、「オート」に頼れないのが、SIGMAのカメラとゆーことで。

DP2M-0009.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

F8ではゴーストも発生していませんが、F16まで絞り込むと現れました。

DP2M-0005.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

続いて、細かい描写はどうでしょう?

DP2M-0004.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

撮って出しの等倍切出しです。

文句なし。

DP2M-0040.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

フォビオンが得意な金属。

手頃な場所に、車とかバイクが無かったので小田急で試しました。

空がぶっ飛ぶのは何時ものこととして、線もシャープに出ていますし金属感も言うことなし。

DP2M-0043.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

続いて「地べた撮り」にトライ。

広角じゃ無いので地べたには向きませんが、座席の下の部分の金属感とか中吊広告の解像度とかたまりません。

さて、私を「SIGMA沼」に沈めるきっかけとなった"dp2 Quattro"ですが・・・アスカさん(仮称)が月々1万円の2回払いで引き取ってくれることになりました。(マップカメラの買取価格は3.6万円ですが・・・)

末長く、可愛がってもらえることでしょう。
スポンサーサイト