湘南日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

DAYS1768 GAKUDENー岳南原田編

2017年 03月06日 21:00 (月)

Mar.6,2017

SD1M-2014.jpg

1月にもちょろっと乗ってきた”ガクデン”こと、岳南電車に乗ってまいりました。

6時台に2本ある沼津行きでスタートする予定だったんですが、余裕ぶっこいているうちにギリな時間になってしまったので、普段の土曜日でもそれなりに、青春18きっぷの期間中はかなり混むことが予想されるグリーン車のことを考え、あえて出発を遅らして6:57の熱海行きに予定変更。

藤沢駅に到着した列車をざっと見ると、2階席の方はかなり混み合っているように見受けられたのですかさず1階へ。

それでも、窓側で空いていたのは2席でした。



SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary



SD1M-1984.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

到着した熱海駅には、伊豆急2100系が停車中。

金目鯛をイメージしたという、赤をメインにシルバーのグラデーションをあしらった塗装となっております。

行き先表示を見ての通り、「普通」なので乗車券だけで乗れます。

SD1M-1986.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

しかし、私が向かうのは伊豆では無いので、入線してきた沼津行きに乗り込むのです。

伊豆急を撮っていたとはいえ早めに並んでいたので座れましたが、6両編成の列車は普通に通勤や通学(部活?)客に18きっぷ組が加わり、かなり混み合っていました。

なお、ここからの列車は3扉車となるので、東京〜熱海間で見慣れたグリーンとオレンジのラインに◯号車と記された乗車位置とは止まる場所が少し違います。

黒四角に数字が書かれた場所になります。

立つ場所を間違えたからって、降りる人を押しのけて割り込むのは止めましょう。(いたんだなー)

SD1M-2003.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

6時台にある2本の沼津行きに乗っていれば三島で島田行き、または熱海で静岡行きに接続するので乗り換え1回なんですが、今回は熱海で沼津行きに、さらに沼津で浜松行きと乗り換えてやって来たのは岳南電車に接続する吉原駅。

SD1M-2005.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

岳南電車7000形。

元・京急の3000系の中間車を、両運転台仕様に改造したものだそうです。

SD1M-2075.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

工場街を縫うように走る列車に揺られること約10分、岳南原田駅に到着。

SD1M-2018.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

この駅からは工場萌え&単行の鉄道という、味のある光景が撮れるのですよ。

SD1M-2058.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

ただし、架線柱がかからないように撮れるのはピンポイントです。

18きっぷの期間中ということもあり、他にいたらどうしようかと思ってましたが杞憂でした。

SD1M-2084.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

さて、岳南原田駅ですが、2012年の貨物取扱休止までは多くの側線や貨物ホームがあったそうです。

現在も、構内踏切の部分で切れてますが駅舎側には2本の線路が残り、反対側にも駅の手前で途切れた線路が見えます。

SD1M-2-6.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

この線路は、隣の製紙工場への専用線でした。

IMG_6055.jpg
iPhone5S

無人駅ですが、駅舎内には蕎麦屋さんがあります。

到着した時から、カツオだしの良い香りが漂っておりまして・・・電車の利用客では無く、駐車場もあることから車で来ている人が多いようでした。

DP2M0268.jpg
SIGMA DP2 Merrill 30mm f/2.8

人の出入りも落ち着いたようなので、2本ほど撮った後に暖簾をくぐる。

メニューは、うどん(かけ)とそば(かけ)のみで、それにトッピングを足していく仕組みです。

お値段は¥300という嬉しい価格。 *大盛り(¥350)特盛(¥400)

トッピングは・・・

ササミ天 ¥120
メンチ  ¥100
イカ天  ¥120
エビ天  ¥120
アジ天  ¥120
野菜天  ¥120
桜エビ天 ¥150
ソーセージ¥100
ハム   ¥120
キツネ   ¥60
山菜    ¥60
玉子    ¥60
ワカメ   ¥60
ネギ    ¥60

と、こちらも財布に優しいお値段となっております。

今回は、ササミ天にワカメトッピングで¥480。

後から来たおっちゃんの「うどんでササミ天2つ」という注文を聞いて、複数頼む手もあったかと気づいたので機会があれば次回試してみたいですね。


SD1M-2048.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

岳南電車のダイヤは1時間に2〜3本。

上下線合わせれば倍になるので、1時間もあれば撮れるでしょう。

ここから撮るポイントは2箇所。

こちらは、構内踏切から去って行く列車を撮っています。

SD1M-2067.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

低い位置から撮れますが、ホーム先端が被るのでどっちが良いかは好みですね。

普通に考えれば各車両(とゆーか色違い)を1本づつ撮っとけば良いんですが、船を撮れば手すりの1本1本まで解像してくれるこのSD1も動くものに関してはまるで信用していないので、念のためにひたすら撮っておくのです。

SD1M-2042.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

ちなみに、カタログデータによると連続撮影速度は5コマ/秒となっておりますが、連続撮影可能枚数は7コマということで、一度撮るとその後30秒ぐらいフリーズするカメラです。

SD1M-2071.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

岳南原田駅で1時間半ほど過ごし、これだけ撮っとけば数枚は撮れているだろうということで、次の目的地へと向かいましょう。
スポンサーサイト