湘南日記

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

DAYS1839 SFDモード

2017年 05月16日 21:00 (火)

May.16,2017

DP0Q0714444.jpg

お待たせしました(?)、金曜日の夜景の続きです。

晴れた昼間なら海に江の島、富士山に江ノ電と撮るものには困らないんですが、夜景となるとシーキャンドルにでも昇らない限り何処で撮るかが悩みどころ。

そして、仕事で走り回った平日の夜に、わざわざシーキャンドルまで行こうという気は毛頭ありません。


SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4



DP0Q0710.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

とゆーことで、まずやって来たのは西浜歩道橋。

DP0Q0711.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

センターライン上に三脚を立てると、ど真ん中に柱が入るのでずらします。

次は、"iL CHIANTI"前に移動して撮ったのがトップの写真。

DP0Q0719.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

ラストは、小田急・片瀬江ノ島駅。

ここで試してみたいことがあったので、まずは普通に1枚。

DP0Q0716SFD.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

続いては最近のファームウェア・アップデートで、"dp Quattro"でも使えるようになった「SFDモード」。

露出の違う7枚の写真を合成して、超高解像度の1枚を作り出すという一見良さそうな機能です。

DP0Q0719b.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

等倍で違いを見てみましょう。

これが普通の。

DP0Q0716SFDb.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4 

こちらがSFDモード、確かにノイズも無く綺麗です。

また、普通に撮ると完全に飛んでしまっている電光の看板や、ホームの蛍光灯などにもディテールが少しありますね。

ただしこのモード、露出が変わるたびにシャッター速度が遅くなっていくので最後の1枚なんて30秒、7枚撮ってファイルを読み込んでとやっていると5分ぐらいかかります・・・

DP0Q0723SFD.jpg
SIGMA dp0 Quattro 14mm f/4

同じくSFDモード。

3分ほど、駅を出入りする人がいなかった奇跡の1枚(笑)

ちなみに、"SFD"とは何の略かというと・・・

S・・・少しでも
F・・・ふらついたら
D・・・DEATH(死)

だそうです。

ウソです。

*”Super Fine Detail”です。

でもこの機能を使う時は、これぐらいの覚悟がいりそうですね。
スポンサーサイト