FC2ブログ

湘南日記

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

DAYS2142 SIGMA SD14

2018年 03月15日 21:00 (木)

Mar.15,2018

DP3M0106v-Edit.jpg

さて、先般行われたCP+でも色々と新しい製品が展示されておりまして、高感度性能やら動き回るAFやら日進月歩の進化を遂げているデジタルカメラですが・・・


SIGMA DP3 Merrill 50mm f/2.8



DP3M0109-Edit.jpg
SIGMA DP3 Merrill 50mm f/2.8

時代に逆行して、あえて古いモデルを増やす人です。

ヤフオクで、¥20.300でした。

SD14は、SIGMAの一眼としては2世代前のセンサーを搭載したモデルです。

SD14-0094.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

フォビオンセンサーは画素数で語るもんではありませんが、カタログデータ的には1.406万画素となっており1層あたりでいうと今時のスマホより少ない約464万画素だそうです。

SD14-0094b.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

しかし、等倍で見た時の解像力がたまらんのですよ。

階段の手すりもシャープに、タイルの質感もしっかり捉えていると思います。

SD14-0102.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

SD1のメリルセンサーにサイズが小さいらしく、実撮影画角は35mm換算約1.7倍となり画像サイズも小さいですね。

SD14-0100.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

画像サイズが小さいということで、とかく時間のかかる"SIGMA PhotoPro"の現像がサクサク進むのが快感です(笑)

SD14-0108.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

この日試してみたのが、逆光ではどうか。

現行のクアトロセンサーや前のメリルセンサーでは、太陽を入れるとフォトショで補正しきれないほどのカラフルがゴーストが発生することが多いのですが、このカメラでは大丈夫なようですね。

しかし、センサーの汚れがポツポツと・・・メーカーのサポート期間は終わっているので、自分でやるしか無いようです。

SD14-2-0114.jpg
SIGMA SD14/ SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

どうも緑かかる傾向があるのでWBの調整がやや面倒であるものの、それはそれでフィルムっぽいなどと納得して使って行きたいと思います。
スポンサーサイト