FC2ブログ

湘南日記

05月 « 2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

DAYS2446 赤いヤツがやって来た

2019年 01月13日 21:00 (日)

Jan.13,2019

DP3M1335t.jpg

とうとう手に入れた赤バッチ。

中身はパナ(LUMIX DC-LX100 II)ですけどね。


SIGMA DP3 Merrill 50mm f/2.8



DP3M1343.jpg
SIGMA DP3 Merrill 50mm f/2.8

価格は約16〜17万円。

新宿のマップカメラでは、¥166.210(税込)でした。

レンズ4本、カメラ1台、マウントコンバータを下取りに出したので(買取価格の10%増しになります)追金は¥22.110。

DP3M1348.jpg
SIGMA DP3 Merrill 50mm f/2.8

1700万画素のフォーサーズセンサーにマッチングされたDCバリオ・ズミルックスは、35mm判換算で約24-75mmをカバーしますのでお散歩写真は勿論、ちょいとした旅行ならこれ1台で行けそうです。

詳細はこちらから。 →フォトヨド

L1000008.jpg
LEICA D-LUX7

そんなこんなで試し撮り。

朝が早目なので光は弱いし雲が広がり空は真っ白という、まるで写欲が起こらない天気ですがあえてこの条件で撮ってみましょう。

L1000011.jpg
LEICA D-LUX7

開放f1.7(ワイド端)〜f2.8(テレ端)の明るいレンズが嬉しいですね。

L1000015.jpg
LEICA D-LUX7

AFは50cm〜∞なんですが、レンズ横の切替レバーでAFマクロモードにすれば3cm(ワイド端)まで寄れます。

そのことを忘れていたので、これは微妙な距離からMFで撮っています。

L1000013.jpg
LEICA D-LUX7

ライカレンズが得意そうだと思った被写体。

良い質感です。

L1000019.jpg
LEICA D-LUX7

ガラスの質感も良く撮れているのではと。

L1000017.jpg
LEICA D-LUX7

これさえ買えば自分も同じ物が撮れると錯覚しがちなフォトヨドですが、そうは問屋が卸さないのが現実というもの。

ま、ちょろっとマニュアル読んだだけなので、まだまだ使いこなせていませんが。

L1000024.jpg
LEICA D-LUX7

空は飛んだかなと思っていたんですが、フォトショで調整してみるとしっかり撮っていますね。

L1000022.jpg
LEICA D-LUX7

愛用している型遅れのSIGMA機に比べると最新の機能てんこ盛りで、慣れるのには時間がかかりそうですが使いまくっていきたいと思います。
スポンサーサイト