FC2ブログ

湘南日記

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

DAYS2746 2019年軽井沢の旅・秋(その4)

2019年 11月09日 21:00 (土)

Nov.9,2019

SD1M2-1373ttt.jpg

さて、軽井沢観光を満喫すれば、お次は例の如くの碓氷峠である。



SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary


IMG_1159_20191107062721b14.jpg
iPhoneXR

12:55発の運行期間限定旧道回り“めがねバス“を利用するつもりで今回の旅程は組んでいたのだが、何とこの週は通常のバイパス経由となっていた…

先週は運行され、さらに翌週も運行されるらしい・・・

しかも、駅を出て数分走るとアウトレット渋滞にハマり、バスは全くと言ってよいほど進まない。

結局、出発から30分かけて駅へと戻り旧道経由のコースに変更された。

IMG_1162_20191107062723e8a.jpg
iPhoneXR

いっそのこと、ここで降ろして欲しいとこだ。

旧道経由になったところで、停留所には止まってくれないのである。

IMG_1161_20191107062721681.jpg
iPhoneXR

それはそうと、この辺りも台風被害が結構あったようですね。

数少ない路肩の広い箇所が工事車両の駐車位置となっており、後続車に道を譲れないとバスの運ちゃんが出発前に嘆いておりました。

SD1M2-1349.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

想定外の渋滞等々で横川到着は約1時間遅れ。

駅にはEL碓氷が停車中。

IMG_1163_20191107062724bb4.jpg
iPhoneXR

そんなことより、驚きはこちらである。

以前は販売期間外、今回もバスの遅れのせいで鉄道文化むらは諦めていただけに厳しい…

SD1M2-2131.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

いっそのこと先に入ることも考えたが、そうすると峠を下り切る前に日が暮れそうでもあったので断念せざるを得ない。

ここを歩くのが目的なので、期間限定パッケージの為に端折る訳にはいかないのである。 

SD1M2-1352.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

横川駅でタクシーを呼んで、先ほど通り過ぎたばかりのめがね橋。

SD1M2-1359.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

空が真っ白になるのは勿論として、明るさ的にかなり厳しい状態です。

SD1M2-1362.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

今回の旅は、とかくSS1/60との戦いでした。

SD1M2-1367.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

橋上へ。

なお、前述のバスの運ちゃん同士の会話によると、ここも駐車待ちの車で混んでいたそうです。

SD1M2-1369-Edit.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

新線の橋梁。

SD1M2-1372.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

毎度の構図で。

天気がよろしくない分、影が出来ず逆にめがね橋と紅葉を撮ることが出来ました。

DP0Q2701.jpg
〈昨年の写真〉

去年は定刻通りの行動だったので1~2時間早いとは思いますが、天気良すぎで思いっきり影でした。

SD1M2-1380.jpg
SIGMA SD1 Merrill / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary

これだけ光が弱いとフォビオン的に厳しいので、撮るのはそこそこにして歩くことに専念しましょう。
スポンサーサイト